【20歳前障害】自閉症で障害基礎年金2級が決定、年額78万円が受給できたケース(高松市・2019年)

相談に来られた時の状況

お子様がもうすぐ20歳になるので、障害年金を考えているといったお母様からのご相談でした。幼少の頃、発語の遅れに気付き、受診したところ自閉症と診断されたが、特に治療もないため、定期的に診察は受けていないとのことでした。現在は就労支援事業所で作業に従事されています。

センターの見解・対応

初診から15年以上も経っており、県外の医院のため、まずは電話でカルテの有無を確認いたしました。20歳前障害の場合、初診からかなり年月が経ち、どこの病院にかかったか分からなかったり、カルテの保管期間を過ぎて初診日が分からないケースが多くありますが、カルテが保存されており、郵送のやりとりにて受診状況等証明書を取得することができました。 診断書は20歳になった時点ですぐに作成していただきました。

結果

障害基礎年金2級受給が決定しました。

20歳前障害の最新記事

受給事例の最新記事

新着・おすすめ情報の最新記事

自閉症の最新記事

  • 事務所紹介
  • アクセス
  • サポート料金
障害年金 無料相談会受付中!
無料相談会ご予約受付中!
障害年金 無料相談会受付中!
ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症・人工透析・etc

新着・おすすめ情報一覧