うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約110万円を受給できたケース

相談に来られた時の状況

無料相談にお見えになり、手続きについて教えてくださいとのことでした。
うつ病と診断されており、夜もあまり眠ることができず、日常生活における身の回りのことも援助を必要とする状況でした。

 

センターの見解・対応

お話を伺うと、仕事のストレスや長時間勤務による、めまい、過呼吸等の症状に長年、悩まされ、時には、倒れて救急搬送されるなどの症状があったにもかかわらず、病院で検査するも異常なしといわれ、なかなか病名の特定がされなかったそうです。その後、知人の勧めで心療内科を受診し、うつ病と診断されました。その頃には、不安感や無気力で仕事はできなくなり、退職したとのこと。
このように、長年悩まされた病状を考え、うつ病と診断された病院ではなく、症状が出始めた頃に受診した病院を初診日と判断しました。
「うつ病では診断書がかけない」と当時通院していた病院に言われて、転院先に依頼するなど、時間のかかった案件でした。

 

結果

障害厚生年金2級を受給することができました。ご本人からは、相談にのってもらい、精神的に楽になりました。動けない私の代わりにいろいろとご足労いただけてありがたかったとの言葉をいただきました。

受給事例の最新記事

新着・おすすめ情報の最新記事

  • 事務所紹介
  • アクセス
  • サポート料金
障害年金 無料相談会受付中!
無料相談会ご予約受付中!
障害年金 無料相談会受付中!
ご存知ですか?幅広い傷病が支給対象となる公的生活援助金を うつ・メンタル疾患・身体障害・糖尿病合併症・人工透析・etc

新着・おすすめ情報一覧